ホーム > マーサンのブログ > スタッフの日記 > 急性喉頭蓋炎で防衛医大に入院!         カイロプラクティック マーサン/入間市
マーサンのブログ

急性喉頭蓋炎で防衛医大に入院!         カイロプラクティック マーサン/入間市

急遽入院!

前回ブログで書いたキャンプでバンガローに泊まった朝、起きた時から喉が痛く、風邪をひいてしまったのかな~と思っていました。だんだん唾を飲みこむのも痛く、14時頃ラーメンを食べたらかなり痛くなっていました。しゃべるのも辛い!

その日は風邪薬を飲み、21時頃早めに寝ました。翌朝治ってないかな~と期待していたんですが、悪化していて激痛!水も痛くて飲めない状態。近くに評判のいい耳鼻咽喉科があるので受診しようと思って行ってみたらお盆休み!

しかたなく総合病院の内科を受診しました。問診もせず、喉を見て、扁桃腺は腫れていませんね~、喉の奥の方が赤くなっているので、うがい薬と痛み止めを出しときますと、すごく淡々と感じ悪く言われたので、わざと、水も飲めないんですから薬は飲めませんよ、と言ったら、頑張って飲んでくださいと。すご~く感情がなく事務的な感じがしました。

薬を飲んで1日休んでいましたが、一向に良くならず、とにかく激痛で唾も呑み込めず、夜はしょちゅう唾を吐いたりしていたので、ろくに寝ることもできませんでした。

翌朝、別の総合病院の耳鼻咽喉科を受診しました。そしたら鼻から内視鏡を入れて、喉の奥の画像を見たら、喉頭蓋が2倍ぐらいに腫れていて、これが原因ですよと。急性喉頭蓋炎です。即入院治療をしてくださいと。入院しないといけないんですかと尋ねると、場所が場所なんで、軌道がつまり、呼吸ができなくなると死ぬこともあるんですよ。もう1日、2日遅かったら死んでいたかもしれませんよと言われました。ちょっとびっくりです。まさか入院とは。

ここは耳鼻咽喉科の外来はあるけど、耳鼻咽喉科の入院病棟がないので防衛医大で入院してもらいます。私も防衛医大にいますからと紹介状を書いてもらい、一旦家に帰りそのまま入院になりました。

治療は点滴、投薬治療で1週間で腫れ痛みはほぼなくなり無事退院できました。

今回のことで、やっぱり専門でないとわからないんだな~とすごく実感しました。あのまま過ごしていたらどうなっていたのかと。それと知識と調べる力、聞くこと、判断力等、自分が決めていかないといけないんだなと強く感じました。

今回の突然の入院はすごく驚きましたが、私も患者様を診ている立場として、色々と学ばせてもらい、良い経験になりました。患者様の立場に立ち、よく聞き、何が原因か、どうしていけばよいか等、しっかりと考察し対応していきたいと強く感じました。

2017.8.17防衛医大入院.jpg

 

 

カイロプラクティック マーサン

TEL 04-2966-5721

埼玉県入間市下藤沢401-1

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.masun.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/347